転職

【無職】転職に怖気づく自分と向き合うために

転職することに怖気づく自分を何とか奮い立たせたいと頑張るある男性の心の変化を探ってみました。

Aさん(30代後半・男性)は管理職として部下の指導や作業管理などの多岐に渡る仕事の内容をこなし、取引先からの評判も良く、常に好成績を出し続けるエリート社員でした。

しかし、実際はワーカホリックの様な危険な状態だったようです。

ある日、突然スイッチが切れてしまったかのように出社を拒否するようになってしまったのです。

最終的には退職してしまいましたが、どうしても転職活動に前向きになることができず、現在無職です。

無職期間が半年を過ぎて、そろそろ動き出さないといけないと思いながら、転職に怖気づく自分を情けなく感じています。

そんなAさんが転職に怖気づく自分としっかりと向き合い始めて動き出すまでの過程で学んだことを紹介します。

Aさんと同じように過去の仕事へのプライドが返って転職の足かせになっていると悩んでいる人は是非、最後までご覧下さい。

怖気づく原因を探ってみると見えてくるもの

あれほど仕事に対して自信と気迫に溢れていたAさんが、ある日突然にネガティブ思考に包まれてしまったのは、やはり過度のストレスと重圧が原因の可能性が高いでしょう。

周りの人からのアドバイスでしばらくゆっくりすることを選びました。

しかし、長い間、無職でいることで社会との繋がりが薄くなってしまい、自己存在価値も下がってしまっていることも考えられます。

また、Aさんは、自分は元々、自己肯定感が低いと自己分析しています。

転職した後の未来の自分を悲観的にイメージしてしまうことも頭では良くないとわかっていてもネガティブ思考を止めることはできません。

精神疾患の可能性もありますが、Aさんは、仕事をしていないことも辛いと感じ始めました。

そして、半年間の無職期間を養生期間と決め、タイムリミットが来れば動き出す決心をしました。

怖気づく自分に「逃げる」のではなく、「挑む」ことを課したのです。

ただし、いきなり前職と同レベルの仕事に戻ることは、また情緒不安定な状態に戻ってしまう可能性もあります。

Aさんは少し、悩んだ末に、前職とは全く違う業種の短期アルバイトを始めることで社会復帰を果たしたのです。

怖気づく自分を叱咤激励して早期に転職活動を始めることを止めて、短期アルバイトで上手にリハビリができたようです。

その後、Aさんは自信を回復して転職活動をスタートさせることができました。

転職に向けて準備しておくべき心構えは?【元エリート編】

あなたも少し自信が回復して来れば、いよいよ、動き出すタイミングです。でもまだ少し不安感を感じているかもしれません。

そんな不安を払拭するために、Aさんの様な元エリートの人が転職に向けて準備しておくべき心構えを紹介します。

スペシャリティを高めておくこと

自分の得意分野をしっかりと認識して転職先で強くアピールできることが必要です。

スペシャリティが高いことは採用時の高いポイントとなります。

また会社の言いなりではなく自分で仕事を作り出して行く能力も磨いておきましょう。

人脈の整理と拡大

前職で作った人脈を整理してみることも転職に向けて具体的な道が開けるチャンスに巡り合う可能性が高まります。

転職したいことを相談できる人がみつかったら、積極的にアプローチしてみましょう。

人脈を更に拡大して行くことで、更に多くの企業の情報を集めることができるでしょう。

仕事に対するモチベーションを高める

転職に怖気づくのは、再び以前の様な活躍ができるかどうかという不安感があるためです。

リーダーシップを取って周りの導いて来た立場であった自分が、周りに迷惑を掛けないと仕事ができなかったら…とつまらないプライドも邪魔をします。

経験のある仕事でも初めての仕事でも、仕事ができることに喜びを感じましょう。

仕事に対するモチベーションを高めることで、どんな仕事でもできる自分がイメージできます。

転職に自信がないときはこちらをチェック!

転職したいけど自信がない!前に進むにはどうすべき?

失敗は折れない心の作り方を学ぶチャンス

転職することに対して怖気づくのは、失敗することで心が折れてしまうことが怖いのかもしれません。

また、前職の実績にこだわりやプライドが強い反面、実は、同じ仕事をすることに嫌悪感を感じていることも考えられます。

失敗は折れない心の作り方を学ぶチャンスです。

逃げてばかりいたのではそのチャンスを掴むことは出来ません。

怖くても挑むことで、新しい世界で活躍するイメージを抱くことができるでしょう。

また、転職先での仕事が出来るか出来ないかを決めるのは自分自身です。

他人からの評価は人任せで大丈夫。

期待に応える仕事ができるかを選択の基準にするのではなく、自分が仕事をどれだけ楽しめるかが転職を成功させるポイントです。

失敗しても何度も挑戦すること。そして疲れたら上手に休息を取ることも大切です。

転職することに怖気づく自分が情けないと感じる人は当記事を参考に未来の可能性に挑んでみて下さいね。

RECOMMEND

1

すぐに決まると思っていた転職活動も思いの外長引いて来て、1年を迎える頃には、焦りを通り越して、開き直りと諦めモードが強くなってしまいます。 経験のある職種でも少ない募集人数に何十人もの応募が殺到し目途 ...

2

転職したいけど自信がない人は現職に多くの不満を抱えているものの、行動できずに我慢している状況でしょう。 転職活動をする気がないわけではないけれど、今の自分が採用されるとは思えないと強い自己否定も邪魔を ...

3

転職に失敗してしまい、気が付いたら無職になってしまっていたという人もたくさん存在します。 転職先がきちんと決まる前に無計画に今の仕事を辞めてしまった場合、まず最初に困るのは収入が無くなるという事実です ...

4

転職してまだ3か月…でも、面接時の条件とあまりにも違い過ぎる現状に退職を考えてしまうことも起こる可能性はあります。 早期離脱をしたくなるほどの劣悪な環境は、慢性的に人手不足のため、強い引き止めに合って ...

5

転職したばかりなのに、もう辞めたいと感じてしまい、この転職は失敗だった…と落ち込んでしまっている人は、再度、自分の気持ちと向き合ってみることをおすすめします。 前職を辞めた理由は?今の会社を転職先に選 ...

6

女性が転職しようかと悩む場合は、女性ならではの諸事情が隠れている場合はほとんどです。 結婚や子育てなどの人生の転機でも、仕事を辞めたり転職することが多くなってしまう女性の場合、年齢によってその悩みも変 ...

7

転職することに怖気づく自分を何とか奮い立たせたいと頑張るある男性の心の変化を探ってみました。 Aさん(30代後半・男性)は管理職として部下の指導や作業管理などの多岐に渡る仕事の内容をこなし、取引先から ...

8

学生時代にリクルートスーツで就活し、無事に社会人となることが出来た人の中には、何年か働いてみて、本当にやりたい仕事は別にある!もっと勉強したかった…転職するにも資格が無い!と悩み出し、最終的には退職し ...

9

仕事を辞めることを決めた時から新しい仕事に夢と希望を抱きながら転職活動に頑張って来たでしょう。 いざ内定が決まると今度は別の形での不安や怖い気持ちが沸いて来ます。 マリッジブルーと同じく、新しい仕事環 ...

10

未経験の仕事を始める場合、今と同じ職種に転職した場合と比べて怖いと感じる気持ちは何倍にも膨らんでしまいます。 仕事の内容に対する不安はもちろんのこと、人見知りな人にとっては新しい人間関係も怖い理由にな ...

-転職
-

Copyright© 転職キャリア , 2020 All Rights Reserved.