転職

【転職のための進学】決断が間違ってたらと怖くなった時の対処法は?

学生時代にリクルートスーツで就活し、無事に社会人となることが出来た人の中には、何年か働いてみて、本当にやりたい仕事は別にある!もっと勉強したかった…転職するにも資格が無い!と悩み出し、最終的には退職して学生に戻る決心をした人もあるでしょう。

社会に出てからやっとやりたい仕事が見えて来たパターンです。

進路変更を決めた人の多くは、最初は意気揚々と退職の準備や入学の手続きをしているのですが、いよいよ動く時期が近づきてくると不思議な事に動くことが怖くなったと語っています。

転職までの道のりが怖くなった理由と対処法を紹介します。

退職→進学→転職のルートを選んでいて、段々と怖くなって来ている人は是非、最後までご覧下さい。

【退職から進学まで】具体的な怖くなった理由と対処法は?

退職してもう一度、大学や専門学校に進学することを選んだ人は、やっと自分の目標が決まったことで自信に満ち溢れているように見えます。

しかし、実際は、退職してすぐに転職するパターンと比べてもう一度、学生に戻る過程が多い分、不安も倍増するのかもしれません。

具体的な不安の理由と対処法を紹介します。

自分で決定したことに自信が無くなった

退職する日程が決まり、後の事務処理に追われながら、進学の手続きを進めていると、急に自分で決定したこと全てに自信が無くなる状態に陥ることがあります。

これは未来に対する不安感、これからどうなるかわからないことに対する恐怖心で、人生の変化のタイミングでは誰しも経験する過程です。

自分の気持ちと正直に向き合ってみて、場合によっては会社に残ることに変更もOKなのです。

怖いけれど、淡々と手続きを進めることで現実と向き合い前進することができるでしょう。

孤独感で押しつぶされそうになった

仕事を辞めることで社会との繋がりが切れてしまうと感じ孤独感で一杯になるでしょう。

また学生であるけれど、年齢的には社会人なので、学生時代のような楽しい仲間関係を築けないだろうと考えてしまうことも。

そんな時は、転職する目的は何であったかを思い出してみましょう。

新しい知識を身に着け、資格を取って転職先の幅を広げることに集中するには、雑多な人間関係は返って邪魔になります。

転職先でのことをイメージして怖くなった

今の仕事を辞めて、再び学生に戻って卒業した時に、果たして満足できる転職先と巡り合えるのかどうか不安になりますね。

自分が望む転職先に採用されるための流れに乗ってやるべきことをきちんと達成していたなら、自ずから結果は付いて来ます。

また確固たる転職理由を持つことで困難に立ち向かく勇気が出て無事に転職を果たすことができるでしょう。

転職に自信がないときはこちらをチェック!

転職したいけど自信がない!前に進むにはどうすべき?

仕事を辞めて進学した場合のメリット&デメリット

転職に向けて仕事を辞めて、資格や知識を更に増やすために進学した場合のメリットとデメリットを紹介します。

転職に向けてのメリット

仕事を辞めることで時間が自由に使えるようになります。

会社や仕事に束縛されず気持ちに余裕が生まれて、勉強に集中できるでしょう。

また、在職しながら学校に通うこともできますが、勤務時間との兼ね合いで通える学校が限られてきます。

退職してから進学する場合は、どこの学校でも通うことが可能になります。

そして、無事に卒業した時には、新たな資格の取得やスキルアップを果たしているので転職先の選択枝が増えるでしょう。

金銭的なデメリット

仕事を辞めることで安定した収入が無くなってしまうことと、再び学ぶための学費も加わります。

在職中にできるだけ計画的に準備資金を貯める必要もあります。

気持ちだけが先行した決断であればすべてを失う危険性も高いことを理解しておきましょう。

【2度目の卒業から転職まで】転職の怖さを乗り越えることが成功の鍵!

退職→進学→転職のルートを辿った人の中には、海外留学を進学先に選んだ人もいます。

住み慣れた場所を離れてひとりで黙々と勉強している間も怖さを感じて、何度も途中で逃げ出したくなったと当時を思い出しています。

実際問題として帰国してから、自分を受け入れてくれる転職先がみつかるかどうかも不安だったのですが、進学先での辛さを考えると、何故か絶対に乗り越えらえると自信が持てたとも語っています。

恐怖心は乗り越えらえることも一緒に勉強できたわけですね。

後悔の無い転職を果たすためには、自分の中の弱い心に負けないことが大切です。

再び、学べるチャンスを与えられた人は、今よりもっとレベルアップしなければなりません。

自分の決めた道のりをまっすぐに進み始めたら、たまには過去を振り返ってみましょう。

転職することが怖くなった弱い自分を懐かしく思い出せるでしょう。

現在、怖くて仕方がない人は是非、当記事を参考に自信を持って前進してみましょう!

RECOMMEND

1

すぐに決まると思っていた転職活動も思いの外長引いて来て、1年を迎える頃には、焦りを通り越して、開き直りと諦めモードが強くなってしまいます。 経験のある職種でも少ない募集人数に何十人もの応募が殺到し目途 ...

2

転職したいけど自信がない人は現職に多くの不満を抱えているものの、行動できずに我慢している状況でしょう。 転職活動をする気がないわけではないけれど、今の自分が採用されるとは思えないと強い自己否定も邪魔を ...

3

転職に失敗してしまい、気が付いたら無職になってしまっていたという人もたくさん存在します。 転職先がきちんと決まる前に無計画に今の仕事を辞めてしまった場合、まず最初に困るのは収入が無くなるという事実です ...

4

転職してまだ3か月…でも、面接時の条件とあまりにも違い過ぎる現状に退職を考えてしまうことも起こる可能性はあります。 早期離脱をしたくなるほどの劣悪な環境は、慢性的に人手不足のため、強い引き止めに合って ...

5

転職したばかりなのに、もう辞めたいと感じてしまい、この転職は失敗だった…と落ち込んでしまっている人は、再度、自分の気持ちと向き合ってみることをおすすめします。 前職を辞めた理由は?今の会社を転職先に選 ...

6

女性が転職しようかと悩む場合は、女性ならではの諸事情が隠れている場合はほとんどです。 結婚や子育てなどの人生の転機でも、仕事を辞めたり転職することが多くなってしまう女性の場合、年齢によってその悩みも変 ...

7

転職することに怖気づく自分を何とか奮い立たせたいと頑張るある男性の心の変化を探ってみました。 Aさん(30代後半・男性)は管理職として部下の指導や作業管理などの多岐に渡る仕事の内容をこなし、取引先から ...

8

学生時代にリクルートスーツで就活し、無事に社会人となることが出来た人の中には、何年か働いてみて、本当にやりたい仕事は別にある!もっと勉強したかった…転職するにも資格が無い!と悩み出し、最終的には退職し ...

9

仕事を辞めることを決めた時から新しい仕事に夢と希望を抱きながら転職活動に頑張って来たでしょう。 いざ内定が決まると今度は別の形での不安や怖い気持ちが沸いて来ます。 マリッジブルーと同じく、新しい仕事環 ...

10

未経験の仕事を始める場合、今と同じ職種に転職した場合と比べて怖いと感じる気持ちは何倍にも膨らんでしまいます。 仕事の内容に対する不安はもちろんのこと、人見知りな人にとっては新しい人間関係も怖い理由にな ...

-転職
-

Copyright© 転職キャリア , 2020 All Rights Reserved.