転職

転職して失敗だったと後悔してる奴に聞いてみよう!

転職が失敗だったと後悔している人の本音を集めた情報チャンネルがたくさん掲載されています。

「転職に失敗して後悔している奴集まれ!」との呼びかけに、様々なパターンのリアルな転職の結果や後悔している理由が書き込まれています。

同じような悩みを抱えている人は、あるある!俺も同じ!と共感する内容ばかりでしょう。

自分だけが後悔しているのでは無いと安心できるかも。

しかし、本当に知りたい情報は、後悔した後、どのような選択をしたのかという答えです。

後悔している奴スレで後悔している事実はよくわかったのですが、この人達は、後悔して悩んだ後、どのような行動を取って、現在はどうしているのでしょうか?

後悔している理由とその後の選択の結果をまとめてみました。

現在、転職が失敗だったと後悔している人は、是非最後までご覧下さい。

転職が失敗だったと後悔している理由ベスト5

転職が失敗だったと後悔している理由をまとめてみると状況やシチュエーションの違いはあれど、概ね5つの理由に集約されています。

残業が多くてまともな時間に帰れない

前職より残業が増えれば流石に後悔します。

サービス残業が繁忙期の残業は受け入れられても、まともな時間に帰れないことが当たり前になってくると後悔しかありませんね。

求人情報に出ていた情報や面接時の雰囲気と全然違う

実際に働いて見てからわかる情報や面接時と雰囲気の違う態度などに遭遇すると騙されたような気持ちに陥ります。

自分の選択の甘さとどうやって逃げ出そうかとすぐに退職することを考えて不安で一杯になるでしょう。

入社前は興味がある仕事だったけど、実際にやってみるとやる気が起きない

未経験の分野の仕事を転職先に選んだ場合は、自分が抱いていたイメージとのギャップが大きいとやる気も失せます。

簡単にできると構えていた甘さと仕事に対するモチベーションが上がらないことが辛く後悔することに

前の会社の方が良かったと思い出した

転職で別の会社の中を知ることで前職の良かった所が見えて来ることは多いのです。

あれだけ嫌だと感じていた条件を、あれくらいなら我慢できると気持ちが大きく変化することも。

元の会社に戻ることも考えますが、転職したばかりですぐに戻ることは簡単ではないでしょう。

人間関係や社風が自分と合わない

会社という組織である以上、従わなければならないルールはあります。

自分のピッタリ合う会社を見つけることは誰でも不可能かもしれません。

苦手な人や嫌な社風も経験値のひとつだと思えない限り、どこに転職しても今の悩みは消えることはないでしょう。

転職失敗してしまう人の特徴についてはこちらをチェック!!

転職失敗して無職になってしまう人の特徴は?

転職に後悔してる奴たちがその後選択した決断は?

さて、5chや転職失敗スレで後悔の書き込みをしていた人達はその後、どういう選択をしているのかを調べてみました。

【後悔しながらでも頑張って仕事を続けている】

背に腹は変えられないので後悔しているけれど、自分で決めた転職先で頑張っている人も多い傾向があります。

後悔しているからといってすぐに退職して新たな転職先を探す行動に出ない人は愚痴スレに書き込む比率も高いでしょう。

後悔しながらでも、まだ自分の可能性に掛けて頑張っているのか、諦め半分なのか、次の転職のタイミングを図っているのかはそれぞれの気持ちの奥に隠されています。

今は失敗だと感じていてもいずれは成功だったと書き込める可能性もありますね。

【きっぱりと辞めてしまい転職活動を地道に続けている】

転職してすぐに後悔してしまい早い段階で退職し、マイペースで転職活動を続けている人もいるようです。

しかし現実問題として転職回数の多さ、無職である期間が長い程、再就職の門は狭くなってしまいます。

自分のスキルに余程の自信がある人か、最低限の生活が保証されていることが必要です。

無計画で行動して後悔を更に上塗りさせてしまう結果になってしまうことが多いので注意が必要です。

【元の会社に出戻り再就職を果たした】

前職を辞めた時の理由は円満退社であった場合、元の会社に出戻りして再就職をしているパターンも見られます。

しかし、一旦は会社を辞めた人間ですから、上司とは和解できていても同僚などからの冷たい視線を浴びながら働かなくてはならないこともあるでしょう。

また、辞めてから業績が落ちたなど戻ってくることで再び会社に貢献してくれることを条件に再雇用を承諾してくれることも。

転職によって見えなかった会社の良い面が感じられた人の場合は少し肩身が狭いながらも古巣に戻る選択をしている人もい多いのです。

【後悔しないために】転職に甘い夢を見るなかれ!

転職に失敗したと後悔しないためには、転職に対して甘い希望や夢を抱かないこと大事です。

自分が勝手に作り上げた理想の転職先と現実の転職先のギャップが生じてしまうことは、会社側の規約や社風に問題がある場合も多いのですが、概ね、本人の考え方や気持ちが大きく影響を及ぼしてしまうことを理解しましょう。

転職に失敗して後悔しても、その後、前向きに行動するか、後ろ向きに行動するかで大きく差が付きます。

後悔ばかりで前に進めずに悩んでいる人は、是非、当記事を参考に転職を成功させて下さいね。

RECOMMEND

1

すぐに決まると思っていた転職活動も思いの外長引いて来て、1年を迎える頃には、焦りを通り越して、開き直りと諦めモードが強くなってしまいます。 経験のある職種でも少ない募集人数に何十人もの応募が殺到し目途 ...

2

転職したいけど自信がない人は現職に多くの不満を抱えているものの、行動できずに我慢している状況でしょう。 転職活動をする気がないわけではないけれど、今の自分が採用されるとは思えないと強い自己否定も邪魔を ...

3

転職に失敗してしまい、気が付いたら無職になってしまっていたという人もたくさん存在します。 転職先がきちんと決まる前に無計画に今の仕事を辞めてしまった場合、まず最初に困るのは収入が無くなるという事実です ...

4

転職してまだ3か月…でも、面接時の条件とあまりにも違い過ぎる現状に退職を考えてしまうことも起こる可能性はあります。 早期離脱をしたくなるほどの劣悪な環境は、慢性的に人手不足のため、強い引き止めに合って ...

5

転職したばかりなのに、もう辞めたいと感じてしまい、この転職は失敗だった…と落ち込んでしまっている人は、再度、自分の気持ちと向き合ってみることをおすすめします。 前職を辞めた理由は?今の会社を転職先に選 ...

6

女性が転職しようかと悩む場合は、女性ならではの諸事情が隠れている場合はほとんどです。 結婚や子育てなどの人生の転機でも、仕事を辞めたり転職することが多くなってしまう女性の場合、年齢によってその悩みも変 ...

7

転職することに怖気づく自分を何とか奮い立たせたいと頑張るある男性の心の変化を探ってみました。 Aさん(30代後半・男性)は管理職として部下の指導や作業管理などの多岐に渡る仕事の内容をこなし、取引先から ...

8

学生時代にリクルートスーツで就活し、無事に社会人となることが出来た人の中には、何年か働いてみて、本当にやりたい仕事は別にある!もっと勉強したかった…転職するにも資格が無い!と悩み出し、最終的には退職し ...

9

仕事を辞めることを決めた時から新しい仕事に夢と希望を抱きながら転職活動に頑張って来たでしょう。 いざ内定が決まると今度は別の形での不安や怖い気持ちが沸いて来ます。 マリッジブルーと同じく、新しい仕事環 ...

10

未経験の仕事を始める場合、今と同じ職種に転職した場合と比べて怖いと感じる気持ちは何倍にも膨らんでしまいます。 仕事の内容に対する不安はもちろんのこと、人見知りな人にとっては新しい人間関係も怖い理由にな ...

-転職
-

Copyright© 転職キャリア , 2020 All Rights Reserved.