転職

転職失敗して無職になってしまう人の特徴は?

転職に失敗してしまい、気が付いたら無職になってしまっていたという人もたくさん存在します。

転職先がきちんと決まる前に無計画に今の仕事を辞めてしまった場合、まず最初に困るのは収入が無くなるという事実です。

転職に失敗して無職になってしまう人は、どこか転職することに夢見がちで無計画に動く傾向が強いのです。

また、きちんと手続きを踏んで転職した場合でも、自分がイメージしていた転職後の仕事と実際とのギャップが大きい場合も長続きできずにすぐに辞めてしまい無職になってしまう人も多いでしょう。

転職に失敗して現在無職!

これからどうやって転職活動を進めて行くべきを悩んでいる人は是非、最後までご覧下さい。

【転職に失敗して無職になったある男性の場合】

転職できそうな会社を知人に紹介されて、軽く面談をしてもらった所、「明日からでも来て欲しい」と好感触だったので、その月末付けで今の仕事を退職してしまいました。

ところが、その事実を報告した転職予定先から、「そんなに簡単に仕事を辞める人は信用できない」と約束を反故されてしまったのです。

口約束だけで雇用契約を書面で交わしていない場合、損害賠償を求めるにも手間と時間が掛かるでしょう。

仮に数ヶ月分の給与分を手にしたとしても、それから後の保証は何もありません。

すぐに働けると思っていたので、最後のボーナスも貰わないままで退職手続きをしてしまいました。

そして結局、紹介してくれた知人に気を使って泣き寝入りをしてしまったようです。

転職に失敗しやすい人の3つのパターン

転職がうまく行かない人達はある転職活動の取り組み方にある一定の弱点が見られます。

自分の実力を客観視できていないことが要因になる場合が多いのです。

転職に失敗しやすい人の具体的なパターンを3つ紹介します。

自分の仕事のスキルの価値を見誤っている場合

自分の持つスキルがどんな業界で通用するのか、またそれぞれの会社のニーズに合わせた仕事をどれだけこなせる実力があるのかを本人がきちんと理解していない場合、転職先での仕事はよりハードに感じられてしまいすぐに辞めてしまう結果になります。

転職するということを根本から軽く見ていた場合

退職しても転職すれば、働く場所が替わるだけで同じように通用すると軽く考えていると理想と現実とのギャップに悩まされることになります。

前職より転職先の方が条件が良いパターンは、本人が強くアピールできる能力が要求されます。

おいしい条件に後先を考えずに飛びついてしまった場合

好条件の会社を見つけてすぐにここに転職したい!と後先を考えずに飛びついてしまい退職を決めたけれど、実際には採用されなかった場合も多くあります。

退職するのは転職先が内定してからでも遅くはありません。

「自分のスキルは社会の中で求められる人材としてのどれ程の価値があるのか」この答えを持たずに転職してしまう人の多くが失敗に終わってしまう傾向が高いでしょう。

転職の失敗談についてはこちらをチェック!!

転職して失敗だったと後悔してる奴に聞いてみよう!

【転職失敗】無職になってしまった時の対処法は?

実際に無職になってしまった時には、まずは落ち着いて、焦らず冷静に行動することが大切です。

自暴自棄になってしまったのでは新しい転職先を探すことも難しくなります。

安定した収入が無くなるので最低限の生活費を確保する必要があるでしょう。

まずは、行政機関に相談してみることもおすすめします。

また非正規社員、アルバイトなどで働いて転職先が決まるまでの繋ぎにすることも考えましょう。

そして、再び転職の失敗を繰り返さないためには、まずは自分が望む転職先に求める優先順位を明確にすることが転職成功への最初の第一歩です。

年収を一番に重要視するのか、労働環境を優先するなどと具体的に目標を決めることで狙う転職先のターゲットが定まりやすくなるでしょう。

転職に夢を見過ぎないこと!前向きな気持ちが成功の秘訣

今の仕事が辛くて辞めたい時は、転職すれば楽になれる、充実した人生が送れると単純に夢を抱いてしまいます。

スキルがとても高い人が、もっと自分の実力を発揮したいと転職を考える場合と、単純に今の環境から脱出して新天地で働きたいと望む転職とでは当然、結果が違うわけです。

転職して以前より生活のレベルが落ちる場合も大いに考えられます。

そこからもう一度這い上がり、更に上を目指す!といった高い向上心も必要です。

転職することに夢を見過ぎていると失敗した場合に深く落ち込んでしまいます。

その結果、転職活動に支障を来してしまい、無職になってしまう可能性も高まります。

転職先で新規一転して一からやり直す覚悟と前向きな気持ちが転職を成功させる秘訣です。

転職に失敗して無職になってしまい途方に暮れている人は、是非当記事を参考に起死回生を狙って下さいね。

RECOMMEND

1

すぐに決まると思っていた転職活動も思いの外長引いて来て、1年を迎える頃には、焦りを通り越して、開き直りと諦めモードが強くなってしまいます。 経験のある職種でも少ない募集人数に何十人もの応募が殺到し目途 ...

2

転職したいけど自信がない人は現職に多くの不満を抱えているものの、行動できずに我慢している状況でしょう。 転職活動をする気がないわけではないけれど、今の自分が採用されるとは思えないと強い自己否定も邪魔を ...

3

転職に失敗してしまい、気が付いたら無職になってしまっていたという人もたくさん存在します。 転職先がきちんと決まる前に無計画に今の仕事を辞めてしまった場合、まず最初に困るのは収入が無くなるという事実です ...

4

転職してまだ3か月…でも、面接時の条件とあまりにも違い過ぎる現状に退職を考えてしまうことも起こる可能性はあります。 早期離脱をしたくなるほどの劣悪な環境は、慢性的に人手不足のため、強い引き止めに合って ...

5

転職したばかりなのに、もう辞めたいと感じてしまい、この転職は失敗だった…と落ち込んでしまっている人は、再度、自分の気持ちと向き合ってみることをおすすめします。 前職を辞めた理由は?今の会社を転職先に選 ...

6

女性が転職しようかと悩む場合は、女性ならではの諸事情が隠れている場合はほとんどです。 結婚や子育てなどの人生の転機でも、仕事を辞めたり転職することが多くなってしまう女性の場合、年齢によってその悩みも変 ...

7

転職することに怖気づく自分を何とか奮い立たせたいと頑張るある男性の心の変化を探ってみました。 Aさん(30代後半・男性)は管理職として部下の指導や作業管理などの多岐に渡る仕事の内容をこなし、取引先から ...

8

学生時代にリクルートスーツで就活し、無事に社会人となることが出来た人の中には、何年か働いてみて、本当にやりたい仕事は別にある!もっと勉強したかった…転職するにも資格が無い!と悩み出し、最終的には退職し ...

9

仕事を辞めることを決めた時から新しい仕事に夢と希望を抱きながら転職活動に頑張って来たでしょう。 いざ内定が決まると今度は別の形での不安や怖い気持ちが沸いて来ます。 マリッジブルーと同じく、新しい仕事環 ...

10

未経験の仕事を始める場合、今と同じ職種に転職した場合と比べて怖いと感じる気持ちは何倍にも膨らんでしまいます。 仕事の内容に対する不安はもちろんのこと、人見知りな人にとっては新しい人間関係も怖い理由にな ...

-転職
-

Copyright© 転職キャリア , 2020 All Rights Reserved.